鍼灸師Zのひとり言...
日々の生活の中での出来事をつづっていきます...
プロフィール

鍼灸師Z

Author:鍼灸師Z
神奈川県の鎌倉・湘南地区中心出張鍼灸治療を行っています。美味しいものを食べるのが大好きで、茶道と着付を習っています。
どうぞよろしくお願いします。
★善木鍼灸院(ぜんきしんきゅういん)ホームページ→ ようこそ善木鍼灸院へ

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

着付教室「抱え帯(かかえおび)」
先日、着付のお稽古で、今度花嫁さんに着付することになった方が、
「抱え帯(かかえおび)」を練習されていました。

抱え帯2 抱え帯1
デジタル大辞泉には「和装で、着物の裾をたくしあげた時に用いた帯で、現在では花嫁の帯の下部にそえて締める、幅の狭いくけ縫いにした帯」とありました。

先生曰く「重ね襟と色を合わせると映える」とのことです。

花嫁さんにとっては、晴れの日の姿。
素敵に着付けてあげてくださいね。


スポンサーサイト
加賀友禅の花紋と家紋
残暑が続いておりますが、皆様いかがお過ごしですか。

先日、着付教室の方が、知り合いに加賀友禅をいただいたということで、
着物を見せていただきました。

その中で、背中心のところに花紋家紋の縫い紋がありました。
加賀友禅_花紋と家紋1 外側の華やかな紋が花紋。中の紋が家紋

調べてみると、純粋に加賀紋とは呼べないまでも、
加賀紋の由来を酌んでいるように思われます。
ともて華やかで、初めて拝見しました。

衽(おくみ)には作家さんの印と菊の染紋がありました。
加賀友禅_菊10・11月1
着付の先生曰く、「着物の持ち主の名前の代わりに、その方のお誕生月の花を染め上げているのでは」ということでした。

本当に隠れたおしゃれですね。
勉強になりました。

<家紋の関連記事>
着付教室「名古屋帯・のし太鼓」(2010.4.11のブログ)


京都で帯揚げの染め体験!
着付教室の先生と有志で、京都の着物染色家奥村佑子先生の工房を
訪れました!
奥村先生1
工房入り口前には、様々な季節の花が咲いていました。

以前ブログでもご紹介したこの着物袋帯の作者です。 袋帯つの出し1

盛大な歓待を受けた後、奥村先生作の帯や着物を沢山見せていただきました。
着物好きの仲間が揃っているので、皆、目を輝かせていました。

時間がたつのは早いもので、帯揚げの染色に取り掛かりました。
奥村先生2 単色使い2種類の色を使ったりと
自分の好みの色を奥村先生に作っていただき、素早く塗っていきます。
速度、どれぐらいの強さで塗っていくかで、同じ色を使っても
色が微妙に変わってきます。

2種類の色を塗るだけで、ひーひー言っていた私達は、
改めて奥村先生のすごさ、素晴しさを感じました。

奥村先生4 奥村先生5
仲間の二人が、奥村先生の着物と袋帯を購入されました。
出来上がってくるのが、とても楽しみです。

奥村先生3
最後に、奥村先生の真髄を感じたのは、近くの山から取ってこられた
草花を何気に飾っておられるところでしょうか。

遠方から訪問させていただいた私達を様々な心配りで持て成してくださる、
そんな気遣いを作品だけでなく、随所に感じる夢のような一日でした。

また是非、訪れたいと思います。


着付教室「大叔母の着物、たとう紙、家紋」
昨日今日と過ごしやすくなりましたね。
やっと9月になったのかな?と感じる今日この頃です。

先日亡くなった大叔母の着物の整理をしていて、どうしたらいいかわからず、
着付教室に持って行きました。

まず先生の第一声は「たとう紙をすぐ換えないとダメ!」でした。

たとう紙とは、着物や帯を入れて保管するためのものですが、湿気を吸収したり、
虫がつく可能性もあるので、1年に1回は替えた方がいいそうです。

また、「名古屋帯・のし太鼓」家紋について掲載しましたが、
先生から更に家紋のある着物の着付について、教えていただきました。

家紋のある色無地などの着物を着る場合、その上に羽織る道行コートや羽織には
家紋のないものを着用します。
道行コートや羽織に家紋が付いている場合は、家紋なしの着物を着るそうです。

大叔母の着物はいいものでしたが、かなり痛んでいたので
残念ながらほとんど処分しなければなりませんでした。

先人が大切に着用した着物。大切にしたいなと感じました。



着付教室「袴の着付、重ねえり」
3月になると、卒業式で袴姿になる方も多いと思います。
私も何十年?か前の大学卒業時に袴姿になりました。
友人達と一緒に写真屋さんで記念写真を撮ってもらい、
良い思い出になっています。

袴1
大学卒業から何十年?後の写真です。
この着丈は草履の場合です。ブーツの時は着丈を更に短くするといいそうです。
白の重ねえりで見にくいですが、重ねえりをするとより正装になります。

重ねえりは着物の後ろえりにあらかじめクリップなどで付けておきます。
縫い付けておくとずれないので、より良いそうです。

袴3
帯は半幅帯を使用します。
文庫の様に結び、それが台となり、袴が落ちないようにしっかり結びます。

今回初めて袴の着付けに挑戦しました。
何度か練習して、着付けして差し上げられるようになりたいですね。