鍼灸師Zのひとり言...
日々の生活の中での出来事をつづっていきます...
プロフィール

鍼灸師Z

Author:鍼灸師Z
神奈川県の鎌倉・湘南地区中心出張鍼灸治療を行っています。美味しいものを食べるのが大好きで、茶道と着付を習っています。
どうぞよろしくお願いします。
★善木鍼灸院(ぜんきしんきゅういん)ホームページ→ ようこそ善木鍼灸院へ

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

”初”収穫!
今年は一念発起して、ナス、キュウリ、トマトを鉢に植えました!

ナス1 キュウリ1 トマト1
左からナス、キュウリ、トマトです。

トマトはまだ青いですが、ナスとキュウリを収穫しました。
ナス_キュウリ

野菜そのものを味わうために、ナスはフライパンで焼いて、ショウガ、ゴマ、しょうゆをかけて、
キュウリはシンプルに塩もみしました。
ナス2 キュウリ2
ナスは柔らかく、キュウリはとてみずみずしかったです。

あとは、トマトの収穫を待つばかり。
今年の夏は夏野菜を大いに楽しみたいです。


<追伸>
トマトは思っていたよりも、大きくなりませんでしたが、とても甘く美味しくできました。
(作り手の欲目でしょうか...)
来年は沢山収穫して、おすそ分けできるといいなと思います。
(2015年7月18日記)


スポンサーサイト
紅茶のはなし
12月に入り、寒くなってきましたね。
朝も布団から出るのがなかなか難しくなってきました...

ベットの中で、ゆっくり深呼吸をすること数分、手首・足首を伸ばしたり、
回したりしてから、やっと布団からでる勇気が湧いてきます。

顔を洗って着替えた後、朝食の準備をしますが、
必ずいただくのは、パン紅茶です。

お抹茶も大好きですが、普段家にいると四六時中いただくのは温かいミルクティー
紅茶

やかんに汲みたての水道水を入れて、グツグツ沸騰するまでお湯を沸かし
お湯をポットに入れてポットを温めます。

ポットのお湯をカップに入れ替えてから、
リプトンのイエローラベルのティーバックをポットに入れて、
お湯を注ぎます。

そのまま、ポットに母お手製のティーコージー(布カバー)をかけて2分半蒸らし
カップに注ぎます。
ミルクを少し入れて、ミルクティーの完成です。

家にいる時は、1日5~6杯いただきます。
これは夏でも変わりません。

紅茶の主要成分はカフェインカテキン類(タンニン)です。

カフェインの取り過ぎが気になりますが、
紅茶の場合、カテキン類、アミノ酸の相乗効果で、カフェインが中和され、
胃への刺激が緩和されることがわかっているそうです。

カテキン類殺菌力風邪のウイルスを抑制する作用があるため、
予防・治療に効果的です。
これからの季節に最適ですね。

母はショウガをすって、ショウガ紅茶を毎朝飲んでいます。

ショウガの中に含まれるジンゲロール(加熱するとショウガオールとなる)は、
血行促進作用があるので、身体を温め冷え症の改善に効果があるそうです。

母もショウガ紅茶を飲んだ後、しばらく身体がぽかぽかすると言っていました。

心も身体もぽかぽかと温かく過ごしたいですね。


梅酢・梅の実
この夏は非常に暑かったですね。
疲れや身体のだるさを感じることがよくありました。

夏を何とか乗り切れることができたのは、
母手作りの梅酢お酢に漬けた梅の実のおかげでした。

4Lのビンに梅の実(青梅)・お酢氷砂糖を入れて、
2ヵ月ほど暗い所に保管しておきました。

ご想像の通り、梅の実はとても酸っぱいですが、
食べるとすぐにだるかった身体が軽くなりました。
クエン酸をはじめとする有機酸を多く含むからなのかもしれませんね。

梅の実がなくなると、梅酢を水で割ったものをこまめに飲んでいました。

患者さんにこの話をすると、
後日「クエン酸の粉末を飲み物に溶かして飲むようにしたら、
疲れていても踏ん張りが効くようになった」とおっしゃっていました。

今年は市販の梅の実を使って梅酢を作りましたが、
来年は庭にある梅の木から、沢山の梅の実が収穫できるといいなと思います。

明日から10月、秋の味覚を楽しみたいですね!
生プルーン
今日初めて、生プルーンをいただきました!
生プルーン
皮をむくと、鮮やかなオレンジ色の果肉が現れて、食べ応えがあります。
甘さも控えめで、とてもさっぱりとしていました。

プルーンというと、ドライのものしか思い浮かばず、ねっとりと甘いイメージで、
鉄分摂取のために1日1粒食べていたこともありました。
しかし、生のものはとても美味で、皮付きのままあっという間に食べてしまいました。

プルーン鉄分のほか、ビタミンA、カリウム、食物繊維が豊富で、
貧血、夜盲症、肌荒れ、便秘などに効果があるそうです。

Kさん、ご馳走様でした!